印ムンバイ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — UPL(NSE: UPL、BSE: 512070)は、クライメート・プレッジ(TCP)に参加したと発表しました。UPLは、農業投入物・ソリューション・技術分野で初の署名者となります。 2019年にアマゾンとグローバル・オプティミズムが共同で立ち上げたクライメート・プレッジは、パリ協定よりも10年早い2040年までにネットゼロ・カーボンの達成を目指す誓約です。2021年9月の時点で、21カ国・26業種の200社以上がクライメート・プレッジに署名しています。 UPLは持続可能な農業製品とソリューションを提供するグローバル企業で、世界138カ国以上に生物製剤と従来の作物保護ソリューションを導入しています。UPLは、境界や国境を超えてすべての人のための持続可能な成長を促進するOpenAgを通じて、持続可能性を変革しています。当社は農業従事者を中心に据えて、あらゆる食品をより持続可能なものにするという努力を続けながら、革新的なアイデアと新しい解決策を受け入れるよう業界全体の考え方や仕事の方法を再規定するためのネットワーク