印ムンバイ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 持続可能な農業ソリューションを提供するグローバル企業のUPLは本日、その子会社が日本企業のMeiji Seika ファルマ株式会社との間で、東南アジアでのコメ用フルピリミンの独占入手に関するライセンス契約を締結したと発表しました。 ライセンス契約に基づき、UPLは東南アジアでコメ葉面散布用フルピリミン製品を開発、登録、商品化する独占的権利を取得し、この化合物に関する両社の継続的な協業関係が拡大します。 この最新の取り決めだけでなく、2018年にはUPLの子会社とMeijiは、UPLがインドでコメ用フルピリミン製品の商品化を行う独占ライセンス契約を締結しています。さらに2020年に、両社は種子処理および畝間散布用にフルピリミンを使用する長期世界的商業独占契約(日本、韓国、台湾を除き、中国は非独占)を締結しました。 Meijiによって発見されたフルピリミンは、特許技術の有効成分であり、2021年にIRACによって定められた新しい作用機序サブグループのPyridylidenesに属する唯一の有効成分です。これは独特の