シンガポール–(BUSINESS WIRE)–UPCハイドロジェンは、アジア太平洋地域の一部の国について、プロトン・テクノロジーズ(「プロトン」)が開発した技術から水素を生産する独占ライセンスを取得したことを発表いたします。UPCハイドロジェンは、アジア太平洋地域で開発中・建設中・稼働中の8 GWの風力・太陽光・蓄電容量を持つ非公開企業Renewables Asia Pacific Holdings Pte Ltd(「UPC Renewables」)の関連会社です。 ライセンス対象の国は、インドネシア、ベトナム、オーストラリア、マレーシア、フィリピン、モンゴル、ミャンマーです。UPCハイドロジェンは、これらの国の油井(新規、閉鎖されたもの、放棄されたもの、非経済的なもの)(特に重油井)で、プロトンの技術によって1.00米ドル/KG未満の価格で水素を生産できると考えています。その際、油井から炭素は排出されません。この技術は、大半の国と比べて自然の再生可能エネルギー源が少ない地域や競合する用途があるために適切な土地が深刻に不足している地域で低コストのカーボン・フリーの電力を生産するこ