北京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 中国の最新の中長期的な経済社会発展計画が国家の最高立法府で承認されたばかりの中、習近平国家主席は2回の会期後で初の視察先となる中国東部の福建省に向けて北京を出発しました。 習首席が今回の視察で生態系に配慮した茶園や武夷山国立公園を訪れたことは、向こう5年間とそれ以降の中国の発展指針でも強調されているグリーンでエコロジーな発展を習首席が重視していることを示しています。 武夷山と生態系の保護 武夷山は武夷山市の郊外に位置し、1999年にユネスコの世界遺産に登録されました。武夷山の面積は630平方キロメートルを超え、さまざまな種類の茶葉が生産されています。 習首席は日頃からエコロジー文明の構築を強調しており、同氏の視察旅行には通常、山を訪れる行程が組み込まれます。 2020年4月、習首席の最初の訪問先はやはり山でした。習首席は中国北西部の陝西省を視察した際、直ちに秦嶺山脈に赴き、生態保護について学び、官僚に生態環境を保護するよう促しました。 2019年8月には中国北西部の甘粛省に行き、祁連山脈を訪れ、生態保護を国家戦略とし