米ジョージア州ダルース–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 農業開発を通じた飢餓の予防・救済というビジョンを持つ民間基金のAGCO農業基金(AAF)は、2020年AAF賞をグローバル・アニマル・パートナーシップ(G.A.P.)に贈呈すると発表しました。同時に贈られる助成金5万ドルは、北米の小規模農家の動物福祉活動の強化と生産プロセスの認証取得を支援するためのものです。 G.A.P.は北米最大級の動物福祉基準・ラベリング組織であり、その複数レベルの基準は3900カ所以上の農場の4億1600万頭以上の家畜の福祉に影響を与え、各動物の健康・生産性、自然の生育環境、感情面の福祉が考慮されています。 多くの小規模生産者が人道的な慣行を積極的に採用・実施していますが、物流の問題とコストが認証プログラムへの参加の障壁になる可能性があります。農家が必要な認証を取得できるように支援するため、このプロジェクトでは小規模生産者向けに特別に設計されたG.A.P.の既存のモデルとプログラムを活用します。 AGCO農業基金ディレクターのメッティ・リッシェンハーゲンは、次のように述べてい