ロンドン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界有数のセメントおよびコンクリート・メーカー40社は本日、2030年までにCO2排出量をさらに25%削減することを約束してグリーンなコンクリートへの移行を加速させるために協力し、2050年までにコンクリートを「ネット・ゼロ」にする競争で決定的な一歩を踏み出しました。 グローバルセメント・コンクリート協会(GCCA)の会員によるこの動きは、これまでで最大のネット・ゼロへの世界的な取り組みであり、米州、アフリカ、インドや中国を含むアジア、そして欧州の企業が団結します。これは、9月のニューヨーク気候週間中に発表されたように、GCCAが国連の世界的なゼロへの競争に向けた世界初の「重」工業アクセラレーターになったことを受けたものです。GCCAの会員は、中国を除く世界全体のセメント生産の80%を占めており、中国の大規模メーカーも数社含まれています。 GCCAは、地球温暖化を1.5℃に抑えるというパリ協定の目標に沿って、2050年までに完全な脱炭素化を実現するために業界がたどる道筋を示した詳細なロードマップを発表しました。現