ダラス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 牡蠣礁は、一連の生態系サービスを通じて人間や環境に恩恵をもたらしています。1つの牡蠣は1日に最大240リットルの水をろ過できるため、牡蠣は水質と透明度を向上させ、魚類や無脊椎動物からなる多様でユニークな海洋生物種を支えることができます。しかし、牡蠣礁は世界で最も危機に瀕した海洋生息地でもあり、世界全体で85%が失われていると推定されています。 世界絶滅危惧種の日と国際生物多様性の日を記念して、企業の持続可能性における世界的リーダーであるメアリー・ケイは、ザ・ネイチャー・コンサーバンシー(TNC)と欧州のパートナーとの協力により、英国と欧州大陸における在来牡蠣再生プロジェクトを支援することを発表しました。 TNCは、政府機関、科学者、NGO、牡蠣養殖業者、民間企業で構成される欧州のネットワーク、在来牡蠣再生同盟(NORA)の発足を支援しました。これらのチームは、欧州原産の平牡蠣の生息地を再生し、それにより、そこに依存する生物多様性を支えて水質の改善につなげられるよう共同で取り組んでいます。 TNCのグローバル・リーフ