サウジアラビア・トゥワル–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 新しい研究により、サンゴが海洋の温暖化や気候条件の変化などの環境ストレスに直面した際に、プロバイオティクスがサンゴの健康を増進し、死滅を防止するための主役として貢献することが示されました。 この研究はサイエンス・アドバンシズ誌に掲載されたもので、リオデジャネイロ連邦大学(ブラジル)がアブドラ王立科学技術大学(KAUST)の紅海研究センターと連携して実施した研究について詳述しています。これはこの種の研究で初めて、「サンゴに有益な微生物」(BMC)が、サンゴの微生物環境を再構築することに役立つ免疫プロセスを刺激して、熱ストレスによって引き起こされる「熱ストレス後障害」の症状を相殺することで、白化したサンゴの死滅を防止できることを示しました。 科学者らは、回復力を高める可能性が最も高いと思われる特性を持つ株を選択して、サンゴ自身から採取した微生物を使ってプロバイオティックを作りました。数百種類の細菌株を分離、培養し、BMCとして機能する可能性を検討しました。コントロールされた環境下で、同程度の熱ストレス