ジャマイカ・キングストン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ジャマイカの製造業部門は、COVID-19パンデミックで回復力を見せ、ジャマイカは化学品や化粧品などの業界でプラスの展開を示しています。 製造業者は、サプライチェーンが混乱した市場に輸出する新たな機会をつかみました。これにより、洗浄剤、除菌剤、マスク、OTC医薬品などの生産が増加し、国内および国外の需要を満たしています。ジャマイカでは、この製造業の拡大が、今後5年間の経済回復活動に大きく寄与すると期待しています。 このような発展は、この地域の製造業のリーダーになるというジャマイカの目標を後押しするものです。ジャマイカ政府は、無数の可能性を秘めるものとして製造業を成長分野と位置付けています。また、ジャマイカは米国、英国、カナダ、カリブ共同体、中南米などの主要市場へのアクセスが容易な戦略的立地にあります。 ジャマイカはカリブ地域で最も多様な製造業を有する国の1つであり、グレースケネディ・リミテッドやジャマイカ・プロデューサーズ・グループといった食品関連の大規模製造業企業から、エティニオやアイリー・ロッ