ミネアポリス & 米ニュージャージー州ニューアーク–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — カーギルは、より強靭で持続可能なカカオ・セクターを構築するための継続的な努力の一環として、垂直農法の先駆者でリーダーであるエアロファームズと、カカオ豆の収率を高め、気候変動に対する強靭性の高い農業慣行を開発することを目的とした複数年の研究契約を締結しました。 本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20210813005208/en/ カーギル・ココア・ヨーロッパのマネジングディレクターのNiels Boetjeは、次のように述べています。「環境の課題と、カカオ製品の需要の高まりにより、世界的なカカオのサプライチェーンにますます圧力がかかっています。私たちは、研究機関、大学、エアロファームズのような革新的企業とのパートナーシップを通じて、従来のカカオ栽培事業の生産性と回復力を向上させるべく、大胆な実験においてセクターを横断した協働を進めています。